顎周りニキビの原因と治療法

顎周りニキビの原因と美容外科治療内容とは

<顎周りニキビ・概要>
ニキビはTゾーンや鼻の周りなどにできやすいですが、顎に出来ることもあります。
実は顎はニキビができやすい場所で、かつ治りにくく繰り返しやすいと言う困った特徴も持っています。

 

顎はあまり汗をかきませんが、皮脂腺の分布が多く、皮脂が多く分泌されて雑菌が繁殖しやすい場所です。
しかもTゾーンなどに比べると毛穴が小さいため、皮脂が詰まりやすい場所でもあります。

 

皮脂が詰まると皮脂が外に出ることができず、結果としてニキビが悪化してしまう原因になります。

 

顎周りニキビには大きく分けて3つの原因が考えられます。

 

まず1つ目の原因とは、ホルモンバランスの影響です。

 

睡眠不足や生活習慣の乱れなどによってストレスを感じると、ステロイドホルモンの分泌が促され、皮脂の分泌が増えてニキビができやすくなります。

 

女性の場合は、性周期によるホルモンの変化でもニキビができやすくなります。

 

 

2つ目がスキンケアです。

 

顎やフェイスラインはスキンケアが行き届きにくく、すすぎ不足で洗顔料が残ったりしやすい場所でもあります。更に男性の場合は髭剃りで肌が傷ついたり、髭剃り後に手入れを怠ることもあります。保湿が十分にできていないと肌が乾燥し、皮脂の分泌を増加させる原因になります。

 

 

3つ目は外部刺激からの理由です。
顎は紫外線にさらされやすい反面、紫外線対策が不十分になりがちです。また、衣服でこすったりつい手で触れることも多く、雑菌が繁殖しやすい場所でもあるのです。

 

顎周りニキビの治療にはセルフケアも大切ですが、皮膚科や美容皮膚科を受診する選択肢もあります。

 

症状が進行するとニキビ跡が残ったり色素沈着を起こしたりすることもあるので、気になる人は医師の診断を受けるのがいいでしょう。皮膚科や美容皮膚科の治療内容とは外用薬、内服薬、理学療法などがあります。

 

 

外用薬では、毛穴のつまりを解消する薬や、古い角質を柔らかくして肌のターンオーバーを促進する働きを持つものを使用します。
菌の働きを抑制する抗菌薬は、内服薬と外用薬の2種類があります。

 

理学療法にもいくつか種類があります。

 

まず専用の器具を使って毛穴に詰まっているニキビの芯を取り除く面皰圧出があります。
これは保険治療で受けることができ、炎症を起こしていない初期のニキビに効果的です。

 

保険外治療にはケミカルピーリングやイオン導入があります。
ケミカルピーリングはフルーツ酸などの働きを利用して古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促します。

 

イオン導入は微弱電流を流し、ビタミンC誘導体や保湿成分を肌の真皮層まで浸透させます。